見所紹介

ふくろう邸

090-6943-8202

TEL +81(90-6943-8202)
〒289-2100 千葉県匝瑳市飯多香336-2

チェックイン:13:30~00:00 チェックアウト:05:00~10:00

ふくろう邸イメージ

見所紹介

千葉のおすすめの旅館・民宿といえばふくろう邸 見所紹介

飯高寺(飯高檀林跡)

飯高寺(飯高檀林跡)

飯高寺(飯高檀林跡)は、天正8年に開設され、明治7年まで294年間の歴史を持ち、多くの名僧を輩出した日蓮宗最古で、最大であり、最高の学問所だと言われています。
最も多い時には、600から800人もの学僧が当寺で学んだとされており、現在の立正大学の前身として、日本で最も歴史ある学問所とも評されています。
「講堂・鐘楼・鼓楼・総門」は国指定重要文化財に指定されており、境内のうっそうとした杉林が歴史の重みを感じさせ、それら巨木群は「飯高檀林跡」として千葉県指定史跡となっています。
ぜひふくろう邸にいらした際には訪れてみてください。

松山庭園美術館

松山庭園美術館は、芸術家「此木三紅大(このきみくお)」氏のアトリエを公開したものです。
田園の中の小高い丘の上にある、おしゃれな美術館です。
数々の名画コレクションと茶道具を中心に展示してあります。
庭園内には地域の文化交流の場としての企画展示館や、長屋門、見晴し亭、茶室などが点在しております。
また、庭のあちこちにユニークな石の彫刻や鉄の彫刻が展示されているため、眺めていると、それらがユーモラスに語りかけてくるように感じられることでしょう。
紅葉の時期の庭園は鮮やかに色づくため、一見の価値ありです。

美術館

黄門桜

桜

黄門桜は、元禄11年に水戸黄門が飯高寺へ訪れたことを記念して植えられた並木桜のうちの一本になります。
現在では多くが伐採され、唯一現存する由緒ある一本桜です。
幹周りは5,5m、樹高約7m、葉張りは約16mもあり、山桜の一種と言われています。
開花時期は、ソメイヨシノよりも1週間くらい遅く、ピンクっぽいソメイヨシノに比べると花は白いのが特徴です。
その花びらが散る様子はどこか荘厳な雰囲気を漂わせます。
花が咲く時期は限られてしまいますが、近くで見ることで、その太い樹の圧倒的な存在感を感じることができます。

九十九里浜

九十九里浜は、南は太東崎から、北は刑部岬にいたる弓形の海岸線を有し、その長さは蜿々と約66kmも続いています。
白い波濤に幾重にも縁どられた岩礁一つない砂浜は圧巻の一言です。
「天地の四方の寄合を垣にせる九十九里の浜に玉拾ひ居り」と伊藤左千夫によって詠われたように、砂浜に立ってみると、砂と空と海とが演出する雄大な自然を体感することができます。
日本の白砂青松100選と日本の渚百選に選定されており、海水もきれいです。
そしてなんといっても美しいのが日の出です。
地平線からオレンジ色の太陽が昇ってくる様子をしっかり見ることができます。

海

お問い合わせはコチラ

お問い合わせはコチラ

チェックイン:13:30~00:00
チェックアウト:05:00~10:00

090-6943-8202
+81(90-6943-8202)
ゆったり宿

TOP